7/18 JQAA講演会 講師:古望高芳氏(三方よしビジネスサポート研究所 所長)

開催期間

2018/07/18    
18:30 PM - 20:30 PM

予約

開催場所

公益財団法人 日本生産性本部
平河町2-13-12, 千代田区, 東京都, 102-8643

Event Type

テーマ:

「今だから松下幸之助を実践する!!」~激動の時代を乗り切るパナソニックの理念と人づくり~

講師:古望 高芳(こもう たかよし)氏 三方よしビジネスサポート研究所 所長

プロフィール:静岡県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、パナソニックに入社。以来、自動車メーカー担当営業を中心に35年間、車載機器関連事業に従事。2009年、「経営理念実践伝道師」(社内資格)を取得し、社内人材の育成にも注力。現在は中小企業診断士として、地域活性化や中小企業の組織活性化等のコンサルティング活動や各種教育機関での人材育成教育に携わっている。《 著書 》『商店街機能とまちづくり』(小川雅人編著・創風社2017年刊) 第6章:「商店街における小型専門店のあり方」執筆   『中小企業の経営と診断』(小川雅人編著・創風社2018年刊) 第3章:「経営者論と経営理念」執筆

□日時:2018年7月18日(水)18:30~20:30

□場所:日本生産性本部(平河町)1階 第1セミナー室

 アクセス案内:https://www.jpc-net.jp/overview/access.html

□参加費:4,000円 JQAA運営委員 2,000円 (経営品質協議会「個人会員」の方は無料です。)

□終了後、懇親会を予定しておりますので、ぜひご参加ください。(近隣の別会場にて、会費3,000円程度の予定)

参加ご希望の方は、下記申込みフォーマットからお申込みください。なお、コメント欄にご所属(法人名、部門名)、役職、個人会員資格有無を忘れずにご記入ください。

 

時代を超えて輝きを増す松下幸之助の実践経営真髄とは

創業100年を迎えたパナソニック。1918(T7)年にわずか3人で創業し、一代にして世界に冠たる企業を築き上げた松下幸之助。その経営哲学の根幹を成すものが経営理念でした。

松下幸之助は、経営理念を経営の中でどのように位置付け、実践していったのでしょうか?

経営理念の根底にある価値観とは何だったのでしょうか?

経営者にとって、また社員にとって経営理念はなぜ必要なのでしょうか?

幸之助が成功した行動原理とは何だったのでしょうか?

企業を支える人材育成の要諦は何なのでしょうか?

また、後を絶たない企業不祥事の背景にある病理とは何なのでしょうか?

本講演では、こうした問いに対し、いくつかのキーワードを軸に、松下幸之助の貴重な肉声や自ら実践してきた事例、また身近なエピソードを交えながら分かりやすく解説いただきます。またグループ討議も交えて実践的な取り組みについて意見交換を深めてまいります。

講師の古望氏は、松下電器産業(株)(現パナソニック(株))で約35年間勤務し、営業や経営企画などの本業に励む傍ら「松下幸之助経営理念実践伝道師」として長年パナソニックグループの社員研修・社員教育に携わり、まさに経営理念を実践し浸透させる活動を現場で取り組んでこられました。現場で実践してきたからこそ伝えられる「生の声」を中心とした解説をいただきます。

本講演は、大企業マネジメント層・中小企業経営者・人事関連マネジメント層・現場マネジメント層・経営革新推進者の方々にお薦めです。奮ってご参加ください。

印刷用チラシはこちらから

予約

現在、予約受付期間ではありません。

2018年7月18日 | イベントカテゴリー: